災害支援のプロフェッショナル Civic Force(シビックフォース)

HOME 活動報告 被災地を支援する 東日本大震災支援事業

活動報告

被災地を支援する

東日本大震災支援事業

【熊本×東北×韓国】「また来たくなる町がここにある」ーー観光復興応援ツアー(後編)

2017/09/08

【熊本×東北×韓国】「また来たくなる町がここにある」ーー観光復興応援ツアー(後編)

熊本地震の被災地を訪れる「観光復興応援ボランティアツアー」では、8月31日から3つのグループに分かれ、それぞれ南阿蘇村と山都町、熊本市を訪問しました。熊本の魅力を見つけ広く発信することを目的に、地域の人々へのインタビューや撮影...

【福岡×東北×韓国】朝倉市で泥かき・清掃ボランティアーー観光復興応援ツアー(中編)

2017/09/08

【福岡×東北×韓国】朝倉市で泥かき・清掃ボランティアーー観光復興応援ツアー(中編)

8月28日から7泊8日の研修プログラム「観光復興応援ボランティアツアー」では、8月30日、今年7月に九州北部豪雨の被害を受けた福岡県朝倉市で、がれき撤去や泥かきなどのボランティアに参加しました。 ============...

【熊本×東北×韓国】南阿蘇村で見る・聞く・撮るーー観光復興応援ツアー@熊本(前編)

2017/09/07

【熊本×東北×韓国】南阿蘇村で見る・聞く・撮るーー観光復興応援ツアー@熊本(前編)

Civic Forceは、8月28日から7泊8日の日程で、学生向けの研修プログラム「観光復興応援ボランティアツアー」を実施しました。今回の旅のテーマは「復興」と「観光」。東北から7人、韓国から8人の学生が参加し、熊本地震で...

 【夢を応援プロジェクト】夏休み宿泊研修「九州復興支援ボランティアツアー with KOREAN STUDENT」 参加者募集中!

2017/07/13

【夢を応援プロジェクト】夏休み宿泊研修「九州復興支援ボランティアツアー with KOREAN STUDENT」 参加者募集中!

東日本大震災から6年以上、熊本の地震から1年以上が経ち、そして今夏、九州北部を豪雨が襲いました。 地震、津波、原発事故、洪水、家屋の倒壊・・・被害の内容こそ違えど、それぞれの地域で暮らす人々が失ったものは大きく、また失っ...

2017/06/30

【夢を応援プロジェクト】「生き方に正解はない」ー図書寄贈プログラム

高校生や大学生にもっと読書の機会を提供しようと、Civic Forceは、2017 年2 月〜3 月、「夢を応援プロジェクト」の奨学生を対象に図書寄贈プログラムを実施しました。寄贈図書は、『コーヒーが冷めないうちに』、『嫌...

【夢を応援プロジェクト】メッセージ募集中!「『ありがとう』を伝えたい-メッセージ動画プロジェクト」

2017/06/15

【夢を応援プロジェクト】メッセージ募集中!「『ありがとう』を伝えたい-メッセージ動画プロジェクト」

 ◆「『ありがとう』を伝えたい ーメッセージ動画プロジェクト」とは 「夢を応援プロジェクト」の奨学金を受給中の学生やOB・OGの皆さんから、支援者の方々に向けたメッセージを募集し、動画で伝えるプロジェクトです。 &n...

【夢を応援プロジェクト】「人の命を救えるようになりたい」ー卒業生からのメッセージ②

2017/05/06

【夢を応援プロジェクト】「人の命を救えるようになりたい」ー卒業生からのメッセージ②

東日本大震災で被災した岩手・宮城・福島3県の学生を、奨学金制度と教育プログラムでサポートする「夢を応援プロジェクト」。2011年9月から1人あたり月額3万円の奨学金を支給しています。 このたび2017年3月をもって奨学金...

【夢を応援プロジェクト】「春から社会人になりました」ー卒業生からのメッセージ①

2017/05/03

【夢を応援プロジェクト】「春から社会人になりました」ー卒業生からのメッセージ①

東日本大震災で被災した岩手・宮城・福島3県の学生を、奨学金制度と教育プログラムでサポートする「夢を応援プロジェクト」。2011年9月から1人あたり月額3万円の奨学金を支給しています。 このたび、2017年3月をもって奨学...

【お知らせ】東北事務所の閉鎖について

2017/02/01

【お知らせ】東北事務所の閉鎖について

未曾有の被害を引き起こした2011年3月11日の東日本大震災から5年10カ月。 Civic Forceでは、このたび2017年1月末をもって東北事務所を閉鎖しました。 緊急支援を専門とするCivic Forceは、発災...

【東日本大震災】多賀城高校3年生からのメッセージ

2017/01/27

【東日本大震災】多賀城高校3年生からのメッセージ

「Civic Forceを選んだのは東日本大震災でたくさんの人の支援を受け、緊急時の支援の必要性を強く感じたから」 「震災が起きる前からネットワークを構築し、いざというとき、調整役になる活動に賛同した」 ーー2016年...