災害支援のプロフェッショナル Civic Force(シビックフォース)

HOME よくある質問

よくある質問

団体関連

シビックフォースとは、どのような団体ですか?

大規模災害の際に迅速な救援活動をすることを目的とし、民間で運営されている団体です。行政、企業、NPOが連携するオール・ジャパンの体制で、災害時支援に必要な【情報】【人】【資金】【モノ】をパートナー団体と共有・活用し、迅速に支援を届ける体制を作っています。詳しくは、 http://www.civic-force.org/about/ をご覧ください。

ページトップへ

シビックフォースとピースウィンズは代表者が同じようですが、その違いは何ですか?

ピースウィンズはシビックフォースのパートナー団体です。シビックフォースは国内の大規模災害に対応する専門団体ですが、現在、海外での支援実績のあるピースウィンズや、他の団体と連携して支援活動をしています。

寄付の使い道はどのようになりますか?

皆様からお預かりする寄付金は、特定のプロジェクトのためにのみ活用される「指定寄付」と、次の大規模災害に備える活動をご支援いただくための「平常時寄付」の2種類があります。

「指定寄付金」は、東日本大震災支援への寄付として、具体的には、2012年2月現在、地元団体や専門性を持つNPOなどと協力して被災地の復興まちづくりなどをサポートする「NPOパートナー協働事業(第3期)」のほか、産業復興を目的とする支援などに活用いたします。なお、2012年3月以降、指定寄付金のうち全体額の15%を事務所運営費や次の災害に備える取り組みなど、Civic Forceの根幹を支える活動のために活用させていただきます。このほか国内外で発生する災害に対し、随時ホームページなどで「指定寄付金」募集のお願いをする場合がございます。

また、「平常時寄付」とは、主に防災訓練や事務局運営など次の災害に向けた活動資金として活用されます。

会計報告はどのようになっていますか?

現在、寄付金の執行状況については、マンスリーレポート内でご報告させていただいております。
また、第3期(2010年9月1日から2011年8月31日)の決算については、解説文書も開示しております。

社員の給与天引きで集める寄付に対して控除はできますか?

原則、法人から一括でいただく寄付金に対する寄付金控除は申請いただけますが、 社員個人の控除については対応が難しい状況にございます。ただし、社員個人名と寄付金額をリストでいただければ、追って対応することは可能ですので、ご相談ください。

海外での募金は控除対象になりますか?

残念ですが、海外での募金は控除対象にはなりません。

募金箱を置くには、どうすればいいですか?

Civic Forceのロゴが入った募金箱をお送りしています。また、皆様がお持ちの箱をご活用いただける場合は、箱に貼りつけることができるシートフォーマットとパンフレットのデータをメール等でお送りいたします。
お申し込み・お問い合わせは、事務局(E-mail:pr#civic-force.org ※アドレスの#を@に変えてご送信ください)までご連絡下さい。その際、団体名(あれば)、ご担当者名、連絡先(住所、電話、電子メールアドレス)と設置場所をお知らせいただければ幸いです。

領収書はもらえますか?

銀行もしくはゆうちょ銀行を経由してお振込みいただいた方で、領収書を必要とする方は、領収書請求フォームに必要事項を記入のうえ、送信ください。順次発行、郵送させていただきます。

チャリティイベントや街頭募金、募金箱でシビックフォースのために寄付を集めたいですが、シビックフォースの許可は必要ですか?

ありがとうございます。ご協力状況を把握するために、活動を始める前に事務局(info@civic-force.org)にご連絡いただければ幸いです。

Civic Forceを寄付先とする寄付付き商品やサービスを販売したいのですが、事前に連絡したほうがいいのでしょうか?

ありがとうございます。ぜひ下記項目を事前に事務局(info@civic-force.org)にお知らせください。ご寄付いただける時期や主旨等によってはお預かりできない場合があります。予めご了承ください。
1) 商品またはサービスの概要、2) 販売価格とそのうちの寄付金額(もしくは割合)、3) 販売期間と寄付送付予定期日。どうぞよろしくお願いします。

義損金と寄付金は、何が異なるのですか?

被災された方の生活支援のために直接配分されるお金が義捐(援)金と呼ばれ、被災地域のための支援活動に対して頂戴するお金を寄付金と呼び区別します。シビックフォースにご寄付いただける場合は、「寄付」としてご検討いただきたくお願い申し上げます。

ページトップへ

物資・ボランティアの提供

物資の寄付は受け付けていますか?

大規模な配送は2011年5月末をもって終了いたしました。援物資の受け入れも、大半について見送らせていただいております。しかしながら、現地からの強いニーズがあり、部分的に営業を再開している地元各種店舗でも購入できないものがあれば、都度、柔軟に対応する予定です。

ボランティアは受け付けていますか?

現在は受け入れておりせん。法人単位のまとまった人員のご提供をいただける場合は検討いたしますので、お問い合わせください。

ページトップへ