災害支援のプロフェッショナル Civic Force(シビックフォース)

HOME 活動報告 被災地を支援する 熊本地震支援事業

活動報告

被災地を支援する

熊本地震支援事業

【熊本地震】保育の現場を支える新しいプロジェクト始動! --NPOパートナー協働事業

2017/03/08

【熊本地震】保育の現場を支える新しいプロジェクト始動! --NPOパートナー協働事業

前回に続き、2月26日に熊本で実施されたシンポジウム「『質の高い保育』こそが一番の防災になる〜あそびをつくる、新しい社会的子育てにむけて」の様子をお伝えします。 ===================== 心強かった派...

【熊本地震】保育と防災、考えるシンポ開催 ーNPOパートナー協働事業

2017/03/07

【熊本地震】保育と防災、考えるシンポ開催 ーNPOパートナー協働事業

多くの人々が不安と恐怖を感じた熊本地震。特に、子どもを持つ親や保育士など子どもを守る立場にある人々にとって、地震は多くの教訓を残す経験となりました。発災から約10カ月後の2017年2月26日、保育の視点から熊本地震を振り返...

【熊本地震】銀メダリストと

2017/02/03

【熊本地震】銀メダリストと"ボッチャ"で交流ーNPOパートナー協働事業

パラリンピックの正式種目“ボッチャ”という競技を知っていますか? 2016年のリオデジャネイロ・パラリンピックで、日本代表が初めて銀メダルを獲得し、日本でも話題になりました。 ボッチャは、もともと...

【熊本地震】

2017/01/26

【熊本地震】"恐怖の体験"ではなく、"困難を乗り越えた経験"にーパートナー協働事業

安心の輪を広げる「くまもとハグプロジェクト」 2016年夏、明るい日差しが差し込む部屋で、十数人の女性や子どもたちが抱き合って満面の笑顔を見せています。彼らの多くは、実はこの日初めて出会ったばかり。共通する点といえば、2...

【熊本地震】「子どもたちを放っておけない」ーパートナー協働事業

2017/01/25

【熊本地震】「子どもたちを放っておけない」ーパートナー協働事業

災害時に見落とされがちな子どもたちのケア 「ちょっとした物音に敏感」「イライラして怒りっぽい」「夜眠れなくなってしまった」——突如発生する大規模な自然災害は、私たちからたくさんのものを奪い、一人一...

【熊本地震】西原村を支えるボランティアの力ー被災地NGO恊働センター2

2016/10/27

【熊本地震】西原村を支えるボランティアの力ー被災地NGO恊働センター2

Civic Forceは熊本地震の被害にあった地域の復旧・復興をサポートするため、2016年6月から熊本で「パートナー協働事業」を実施しています。東日本大震災を機に生まれたこの事業は、緊急支援では行き届かなかったニーズに広く対...

【熊本地震】お田植祭から4カ月半、稲刈り実施!ーー通潤橋応援プロジェクト(後編)

2016/10/24

【熊本地震】お田植祭から4カ月半、稲刈り実施!ーー通潤橋応援プロジェクト(後編)

熊本地震とその後の豪雨の影響で、甚大な被害を受けた山都町(上益城郡)で、今年6月に実施された「お田植祭for通潤橋」から4カ月が経ちました。 通潤橋の修復と町の元気を取り戻すために奮闘する地元有志「通潤橋応援プロジェクト...

【熊本地震】「今こそ町を盛り上げたい」ーー通潤橋応援プロジェクト(前編)

2016/10/22

【熊本地震】「今こそ町を盛り上げたい」ーー通潤橋応援プロジェクト(前編)

被害件数150件 ------- 今年4月14日以降、相次いで発生している熊本地震の影響で、国指定の文化財がことごとく被害にあっています。熊本城や阿蘇神社など報道で取り上げられている文化財の他にも、県指定や市町村指定、未指定で...

【熊本地震】本震から半年、生活再建に向けて

2016/10/16

【熊本地震】本震から半年、生活再建に向けて

今年4月、震度7に見舞われた熊本地震から半年が経ちました。 被災した熊本県内では 16 市町村に建設予定の4294戸中、9月末までに 3855 戸の仮設住宅が完成しました。 本震直後、 県内 855 カ所の避難所に最大18 ...

【熊本地震】「ホッと一息」から見つかるニーズーー被災地NGO恊働センター

2016/08/20

【熊本地震】「ホッと一息」から見つかるニーズーー被災地NGO恊働センター

「地震でプールに入れなくなってしまったけれど、代わりにあたたかいお湯に入れて気持ち良かった」ーー熊本・西原村で暮らす小学4年生の女の子は、毎年楽しみにしている学校のプールが、今年は地震の影響で入ることができず残念に思ってい...