災害支援のプロフェッショナル Civic Force(シビックフォース)

活動報告

被災地を支援する

NPOパートナー協働事業

【九州北部豪雨】「一人ではない」と伝えたいーひちくボランティアセンター(後編)

2018/04/16

【九州北部豪雨】「一人ではない」と伝えたいーひちくボランティアセンター(後編)

2017年7月の九州北部豪雨から10カ月以上が経ちましたが、前代未聞とも言われる大量の土砂や流木の被害を前に、復興に向けた道のりはまだ半ばです。Civic Force九州北部豪雨支援「NPOパートナー協働事業」では、大分県日田...

【九州北部豪雨】大分で270人が「復興ウォーク」ーひちくボランティアセンター(前編)

2018/03/31

【九州北部豪雨】大分で270人が「復興ウォーク」ーひちくボランティアセンター(前編)

「応援してくれた全国の皆さんへ」 里山の景色がピンクや黄色に色づき始めた3月末、大分県日田市大鶴地区で「復興ウォーキング&春まつり」が開催され、地元住民や全国の観光客ら約270人が参加しました。 日田市は、2017年7...

【九州北部豪雨】熊本地震の看護経験を被災地に引き継ぐー九州キリスト災害支援センター

2018/02/06

【九州北部豪雨】熊本地震の看護経験を被災地に引き継ぐー九州キリスト災害支援センター

2017年7月の「九州北部豪雨」から7カ月が経ちました。記録的な大雨により福岡・大分の両県で甚大な被害が発生し、多い時には2000人以上が避難。現在も1300人以上が仮設住宅などでの生活を余儀なくされています。看護師として福岡...

2017/07/15

【九州豪雨】発災から10日、生活再建に向けて

  被災地に山積する課題   土砂崩れや流木で埋め尽くされた河川の応急復旧工事、未だ安否が分からない行方不明者の捜索、避難所の運営、仮設住宅の建設・・・福岡・大分両県を襲っ...

【九州豪雨】日田市災害ボランティアセンターの運営をサポート

2017/07/07

【九州豪雨】日田市災害ボランティアセンターの運営をサポート

被災者のニーズ調査やボランティアの受け入れ調整など復旧に向けて課題が山積する被災地の自治体をサポートするため、発災から約1ヶ月後の7月初旬、被災地NGO協働センターとの「パートナー協働事業」を通じて、大分県日田市災害ボラン...