災害支援のプロフェッショナル Civic Force(シビックフォース)

HOME アジアに展開する スリランカ防災事業

アジアに展開する

アジアに展開する

スリランカ防災事業

Civic Forceはアジアパシフィック アライアンスの加盟国の1つであるスリランカにおいて、2014年2月から「コミュニティにおける防災能力強化事業」を開始しています。

スリランカは2004年のスマトラ沖地震の際には、津波による甚大な被害を受けました。頻発する水害・地滑り・干ばつ等の自然災害への対応や26年間続いた内戦後の復興、経済格差の解消等が課題となっています。

スマトラ沖地震の被災後には、防災省や災害管理センターが設立され、災害対応のための仕組みが強化されてきたものの、小規模の災害でさえも十分に機能していない現状があります。Civic Forceは、パートナー団体のConsortium of Humanitarian Agencies(CHA)と共に、コミュニティの災害対応能力強化や、行政機関、企業と連携しながらマルチアクターによるコミュニティ・地方・中央レベルの連携体制を構築し、被災の軽減や被災後の一日も早い復興につなげる活動を進めていきます。

なお、本事業は、外務省「日本NGO連携無償資金協力事業」による資金や寄付金などにより実施しています。

特設ページはこちら(英語)⇒http://cbdrr-sl.org/

 

  • 活動風景
  • 活動風景
  • 活動風景