災害支援のプロフェッショナル Civic Force(シビックフォース)

HOME アジアに展開する

アジアに展開する

災害即応体制をアジア各国へ

災害即応体制をアジア太平洋地域の各国へ
東日本大震災の経験から、何を学び、何を共有するのか―。
 
Civic Forceは、2009年の設立以来、国内の大規模災害時に迅速な支援を行うためのNPO/NGO・企業・政府・行政の連携組織として、それぞれが持つ情報、人、資金、モノを共有・活用することで、円滑で効果的な支援を目指してきました。災害時に「一刻も早く、一人でも多く救う」ことができるよう、大規模災害が多発するアジア太平洋地域でのNGOを中心とした災害即応体制の確立に尽力しています。
 
東日本大震災で改めて実感した「平時からの連携の必要性」を踏まえ、アジア太平洋地域で起こり得る災害でもその教訓を最大限活かすため、2012年10月に、「Asia Pacific Alliance for Disaster Management (アジアパシフィック アライアンス、A-PAD)」を設立。
 
アジアパシフィック アライアンスは、ナショナルプラットフォーム間で相互に支援する体制を整え、資金調達についても協力し、災害時には合同チームを派遣するなど、連携して迅速な支援を展開します。
 

事業紹介(実施中)