災害支援のプロフェッショナル Civic Force(シビックフォース)

HOME 活動報告 被災地を支援する 東日本大震災支援事業

活動報告

被災地を支援する

東日本大震災支援事業

【東日本大震災】正解のない課題に挑む若手リーダーを育てる

2021/04/23

【東日本大震災】正解のない課題に挑む若手リーダーを育てる

「もともと看護師を目指していたけれど、ジャーナリストの方の話を聞いたことがきっかけで、国際看護にも目が向きました。視野がどんどん広がった感じがします」 「自分の考え方をブラッシュアップして下さった周りの方々のおかげで、自分だけの考...

【東日本大震災】3.11 オンライン追悼の祈り

2021/03/11

【東日本大震災】3.11 オンライン追悼の祈り

3月11日 14時46分。 10年前、地震が発生した時刻に、東北沿岸の各地で追悼行事が実施されました。 Civic Forceが「記憶の伝承事業」などで連携する以下の3団体もオンラインで参加できる追悼行事を企画・実施しました。 ...

【東日本大震災】「生き抜く力」を育てる次世代育成プロジェクト

2021/03/08

【東日本大震災】「生き抜く力」を育てる次世代育成プロジェクト

Civic Forceの東日本大震災「NPOパートナー協働事業」では、被災した地域で活動する様々なNPOと連携し、震災後のコミュニティづくりをサポートしています。岩手県釜石市で活動する一般社団法人三陸ひとつなぎ自然学校もパートナー...

【東日本大震災】12/2 作家 ・ 柳美里さんのカフェ「フルハウス」リニューアルオープン

2020/12/03

【東日本大震災】12/2 作家 ・ 柳美里さんのカフェ「フルハウス」リニューアルオープン

Civic Force は、 東日本大震災「NPO パートナー協働事業」の一環で、2020年3月からブックカフェ「フルハウス」の運営をサポートしています。 カフェはコロナ禍で営業を中止していましたが、12 月 2 日にリニューアル...

【東日本大震災】仮設住宅の生活を検証し、次の災害に生かすーNPOパートナー協働事業(記憶の伝承)

2020/10/28

【東日本大震災】仮設住宅の生活を検証し、次の災害に生かすーNPOパートナー協働事業(記憶の伝承)

「震災前はどこに住んでいましたか?」 「どこの仮設住宅にいましたか?」 「仮設にいたころの楽しみは?」 「当時、困ったことは?」 仮設住宅に関する設問が書かれた「仮設住宅に関するアンケート」。ほかにも「仮設住宅後の再建先は?...

【東日本大震災】2019年度活動報告書を公表

2020/10/22

【東日本大震災】2019年度活動報告書を公表

東日本大震災で被災地した地域の復興を応援する「新・夢を応援 NPOパートナー協働事業」の2019年度報告書を公表しました。 2019年5月から2020年4月までに行ったNPOパートナー協働事業7プログラムの実施状況や成果などにつ...

【東日本大震災】「失意の中、セカンドハウスに救われました」

2020/09/17

【東日本大震災】「失意の中、セカンドハウスに救われました」

前回に続き、Civic Force東日本大震災支援事業のパートナー「311受入全国協議会」の取り組みを紹介します。 311受入全国協議会に加盟する「YWCA活動スペース カーロふくしま」(公益財団法人日本YWCAの東日本大震...

【東日本大震災】「

2020/09/13

【東日本大震災】「"保養"はコロナ対策そのもの」

「原発事故から9年が経っても、保養のニーズは減っていません」。こう口をそろえるのは・・・

【東日本大震災】「やっぺす!」 ママたちが挑む復興まちづくり

2020/09/02

【東日本大震災】「やっぺす!」 ママたちが挑む復興まちづくり

親子のための子ども食堂開催 親子のためのコミュニティ食堂「ママ子ども食堂」を月に3回ほど実施・運営しています。平均15人程度が参加。 親子がゆっくりと温かい食事をとれる居場所づくりや母親たちのコミュニティづくりを目的として...

【東日本大震災】福島・小高に「ブックカフェ」あり

2020/09/01

【東日本大震災】福島・小高に「ブックカフェ」あり

作家・柳美里氏が若者の夢を後押しする 2011 年 3 月 11 日に事故を起こした福島第一原子力発電所から20km 圏内にある南相馬市小高区。2016 年 7 月、一部の区域を除き避難指示が解除され、少しずつ人々が戻ってきまし...