災害支援のプロフェッショナル Civic Force(シビックフォース)

HOME 活動報告

活動報告

【西日本豪雨】被災地をつなぐスタディツアー〜NPOパートナー協働事業

2019/07/14

【西日本豪雨】被災地をつなぐスタディツアー〜NPOパートナー協働事業

2018年7月の西日本豪雨から1年以上が経ちました。「平成最悪の大水害」といわれた西日本豪雨は、岡山県や広島県だけでなく、愛媛県宇和島市にも甚大な被害を及ぼし、各被災地は今も復興の途上にあります。こうしたなか、宇和島市内で...

2019/04/12

【熊本地震】あれから3年、「また南阿蘇に来てください」

2016年4月14日と16日に相次いで発生し甚大な被害をもたらした熊本地震から間もなく3年が経ちます。Civic Forceは、2018 年7月末で熊本地震指定寄付口座の受付を終了しましたが、被災した地域の復興に向けた取...

【東日本大震災】「夢を応援プロジェクト」終了、次の課題解決に向けて

2019/03/27

【東日本大震災】「夢を応援プロジェクト」終了、次の課題解決に向けて

「ご支援のおかげで大学に通うことででき、学んだことを生かせる仕事につくことができました」 「看護師の資格をとり、今は病院で働いています」  「地域の復興に貢献するため、地元の市役所に就職しました」 ー2011年3月11日...

【西日本豪雨】「これから大人になる私に必要な時間でした」ーNPOパートナー協働事業

2019/01/28

【西日本豪雨】「これから大人になる私に必要な時間でした」ーNPOパートナー協働事業

高校生78人と地域の大人たちが集結! 「普段は話す機会のない、いろんな先輩の話を聞けた!」 「人見知りな私が、今日は言いたいことを話せた!」 「これから大人になる自分にとって大切な時間になった!」 ーいつもはどこか...

【北海道地震】

2019/01/24

【北海道地震】"木育"キーワードに子どもたちの居場所を取り戻すーNPOパートナー協働事業

「自然の中で、子どもたちの表情はどんどん変わっていきます」 北海道で子どもや親子のための自然体験プログラムを展開する「いぶり自然学校」代表の上田融さん。長年、森をはじめ野外での遊びを通じて、子どもたちが大きく変化していく...

【西日本豪雨】役目を終えた最後の避難所「まきび荘」、ーNPOパートナー協働事業

2019/01/09

【西日本豪雨】役目を終えた最後の避難所「まきび荘」、ーNPOパートナー協働事業

西日本豪雨で被災した岡山県倉敷市真備町の避難所「まきび荘」が、2018年12月、その役目を終え、まきび荘へ避難していた人々は、修繕された自宅や仮設住宅などへ移りました。被害が大きかった岡山、広島、愛媛3県では、最大で4万人以上...

【A-PADフィリピン】台風ヨランダから5年、オルモックで設立式典

2018/12/03

【A-PADフィリピン】台風ヨランダから5年、オルモックで設立式典

日本各地で自然災害が相次いだ今年、アジア各地でも地震や台風による甚大な被害が発生しました。なかでも9月に台風22号に見舞われたフィリピンでは、ルソン島北部などで多くの命が犠牲になりました。 今回の台風は、専門家などから「...

【西日本豪雨】「在宅でも安心して過ごせる環境を」ーNPOパートナー協働事業

2018/11/12

【西日本豪雨】「在宅でも安心して過ごせる環境を」ーNPOパートナー協働事業

「最期は自宅で迎えたい」 突然ですが、みなさんは「死ぬ場所」について考えたことがありますか? 戦後50年ほどの間に、日本では社会の変化とともに、自宅でなく、病院や施設などで最期を迎える人が急増しています。でも「住み慣れた自宅...

【西日本豪雨】冬に向けて毛布を配布ーNPOパートナー協働事業

2018/10/21

【西日本豪雨】冬に向けて毛布を配布ーNPOパートナー協働事業

毛布の「ドライブスルー配布会」 被災地に寒い冬の到来が迫っています。 今年7月の西日本豪雨で生活圏の8割が被災した岡山県真備町(倉敷市)でも、朝晩はずいぶん冷え込むようになりました。こうしたなか、「避難生活を続ける人た...

2018/10/16

【西日本豪雨】あの日から100日、真備に響いた歌声と笑顔ーNPOパートナー協働事業

  「みんなを笑顔に!」ー公民館に700人が集結 「平成最悪の豪雨」と言われた西日本豪雨から100日。生活圏の8割が浸水するなど甚大な被害を受けた岡山県真備町で、10月14日、シンガーソングライターの沢知...