災害支援のプロフェッショナル Civic Force(シビックフォース)

被災地を支援する

中長期復興支援事業

東日本大震災支援事業

中長期復興支援事業

夢を応援プロジェクト  ~奨学金×地域発の教育プログラムで若者サポート

Civic Forceの中長期復興支援事業では、東日本大震災で被災した岩手・宮城・福島県の学生を応援する「夢を応援プロジェクト」をを2013年3月から2019年3月末まで実施しました。

「夢を応援プロジェクト」では、2011年3月11日に発生した東日本大震災によって経済状況が急変、または悪化し、就学継続が困難な状況にある被災地の高校生が社会人になるまでの最長7年間(2019年3月末まで)、奨学金を給付するとともに、奨学生をサポートする教育プログラムを実施しました。

本事業は、2011年4月にローソンが創設し特定非営利活動法人チャリティ・プラットフォームが運営していた「夢を応援基金」の事業を引き継ぐもので、同基金の審査により決定した1,097人の奨学生に対し、2011年9月から1人あたり月額3万円の奨学金を支給しました。高校や大学・短期大学だけでなく、高等専門学校・専門学校等で専門技術を学ぶ学生も対象とし、奨学金の返還義務はありません。

Civic Forceの中長期復興支援事業では、奨学金の給付に加え、奨学生への教育プログラムを展開しました。具体的には、「NPOパートナー協働事業」でかかわってきたNPOなどと協力して、野外での環境教育や、被災地だからこそ学べる防災教育などのプログラムを提供。2017年からは東北だけでなく、熊本地震や九州北部豪雨の被災地などでも実施し、東北での被災経験を他地域に伝える活動なども行いました。

■「夢を応援基金」概要及び奨学金制度規程

・制度概要についてはこちら

・奨学金制度規程についてはこちら

活動報告

2017年度活動報告書2.pdf

スクリーンショット 2019-03-25 16.08.41.png

2016年度活動報告書.pdf

2015年度活動報告書.pdf

2014年度活動報告 (PDF)    

2013年度活動報告(PDF)

2012年度活動報告(PDF)    

2011年度活動報告(PDF)

   

  

 「夢を応援基金」の運営協力企業や活動概要、サポートプログラム、奨学生・卒業生からのメッセージ、活動収支報告、奨学生の状況、協力企業などの情報は上記活動報告書に掲載しています。