寄付・支援のお願い

Civic Forceの活動は、皆さまからのご寄付に支えられています。
いつ起こるかわからない災害に対する平時からの備えと、
発災の際いのちを救う迅速な支援活動のために、ぜひご支援をお願いいたします。

※公益社団法人Civic Forceへのご寄付は税制優遇措置(寄付金控除)の対象となります。
詳しくはこちらをご確認ください。

特定の災害支援事業に対する
ご寄付について

  • 寄付先として、現在活動中の支援事業をご指定いただくことが可能です。事業を指定されたい場合は、オンライン、ふるさと納税、銀行・ゆうちょ銀行のいずれかからご寄付ください。ご寄付の方法によって、ご指定いただける事業が異なる場合がございますので、各寄付方法の説明をご確認ください。
  • 指定寄付のうち、15%を運営費として活用し、残り金額はすべて事業費にあてさせていただきます。

オンライン寄付

bokinchan

Civic Forceでは、オンライン募金システム「Bokinchan」を通じて寄付を受け付けています。

オンライン寄付のステップ

  • 01

    お支払い方法を選択します。お選びいただけるお支払い方法は、下記のとおりです。

    • クレジットカード(単発寄付)
    • コンビニ
    • ペイジー
    • Suica
    • サイバーEdy
    • クレジットカード
      (毎月継続※)
  • 02

    寄付の使い道を選択します。現在お選びいただける使い道は、下記のとおりです。

    • 令和3年大雨被災地支援活動へのご寄付(支援事業指定寄付)
    • 新型コロナウイルス対策支援事業へのご寄付(支援事業指定寄付)
    • 東北支援活動へのご寄付(支援事業指定寄付)
    • Civic Forceの活動全般へのご寄付(一般寄付)
  • 03

    寄付の金額、ご連絡先、領収書送付先等の必要情報を入力し、決済の手続きをします。

    決済のお手続きは、①で選択したお支払い方法によって異なります。

    お支払い方法ごとの詳細はこちらをご確認ください。

オンラインで寄付

Bokinchanを通じていただくご寄付は、全額がCivic Forceに入金された後、寄付金額の約10%が決済・システム手数料として、決済会社および募金システム提供会社に支払われます。

  • クレジットカード(毎月継続)のご寄付は、「Civic Forceの活動全般へのご寄付(一般寄付)」のみ受け付けております。
  • 「Civic Forceの活動全般へのご寄付(一般寄付)」は単発寄付と月額定額寄付のいずれかをお選びいただけます。 指定寄付につきましては単発寄付のみ受け付けております。
  • マンスリー・サポーター(毎月継続寄付者)の皆様へ:カードの切り替え・紛失などでカード情報が変更された場合は、お手数ですが、再度ご登録をお願いいたします。

ふるさと納税で寄付

佐賀県のふるさと納税(NPO等の支援)は、Civic Forceを指定して寄付することができ、寄付額のうち90%がCivic Forceに交付されます。通常のふるさと納税と同様に、控除上限額までなら寄付した金額から2,000円を引いた額について、住民税の控除と、所得税の還付(確定申告の場合)を受けられます。確定申告をしなくても寄付金控除が受けられる便利なワンストップ特例制度もあります。

お礼の品なしの寄付をする

お礼の品を選んで寄付をする

銀行から寄付

事業を指定して寄付

令和3年大雨被災地支援活動への寄付

三井住友銀行
  • 支店名青山支店
  • 支店名普通7027403
  • 支店名公益社団法人Civic Force
    シャ)シビックフォース
ゆうちょ銀行
  • 口座番号00140-6-361805
  • 口座名義公益社団法人Civic Force

※通信欄に「令和3年大雨被災地支援」と明記ください

新型コロナウイルス対策支援事業への寄付

三井住友銀行
  • 支店名青山支店
  • 支店名普通7027403
  • 支店名公益社団法人Civic Force
    シャ)シビックフォース
ゆうちょ銀行
  • 口座番号00140-6-361805
  • 口座名義公益社団法人Civic Force

※通信欄に「コロナ支援」と明記ください

東北支援活動への寄付

三井住友銀行
  • 支店名青山支店
  • 支店名普通7027403
  • 支店名公益社団法人Civic Force
    シャ)シビックフォース
ゆうちょ銀行
  • 口座番号00140-6-361805
  • 口座名義公益社団法人Civic Force

※通信欄に「東北支援」と明記ください

Civic Forceの活動全般への寄付

三井住友銀行
  • 支店名青山支店
  • 支店名普通7027403
  • 支店名公益社団法人Civic Force
    シャ)シビックフォース
ゆうちょ銀行
  • 口座番号00140-6-361805
  • 口座名義公益社団法人Civic Force
  • 領収書を必要とする方は、領収書請求フォームに必要事項を記入のうえ、送信ください。ご入金から通常2~3週間前後に発行、郵送させていただきます。
  • 指定寄付のうち、15%を運営費として活用し、残り金額はすべて事業費にあてさせていただきます。

他にもいろいろな方法で
ご寄付いただけます

スマートフォン

SoftBank

SoftBankをご利用の方はケータイ使用料と一括でお支払頂くことが可能です。SoftBankご利用者以外の方はクレジットカード払いとなります。

  • SoftBankのサービス「つながる募金」を利用しての寄付になります。
  • 本サービスを利用した寄付金の領収書発行はできません。
  • 法人契約など、ご契約内容によっては利用できない場合があります。
  • 一人当たりの募金額の上限は、都度寄付・毎月寄付それぞれ30,000円/月です(寄付金額は課税対象外となります)。なお、寄付金の返金はできません。

まとめて寄付

クレカ

電気代で寄付

電気代で寄付

「電気代の一部」を寄付するエネルギーファンディングの仕組みを通じて、Civic Forceの活動に支援ができます。

電気代で寄付

買って寄付

アスクル「フェーズフリー認証 紙コップ」

商品の売上の一部をCivic Forceに寄付する「寄付付き商品」。企業のご協力により、被災地を「買って応援」することができます。

アスクル「フェーズフリー認証 紙コップ」

BEAMS「ビームスマスク」

ヘッズ「チャリティハピネスレジ袋」

ボーディングパス「チャリティーブランド BeMee」

本で寄付

バリューブックス「チャリボン」

自宅などに眠っている本を集めて、古本を取り扱う企業に送ると、買取相当金額がCivic Forceに寄付されます。

バリューブックス「チャリボン」

本棚お助け隊「古本チャリティ募金」

ポイントで寄付

Yahoo!ネット募金(Tポイント)EC ナビ「スマイルプロジェクト」

Tポイントや特定のサイトで利用されているポイントを使って1ポイントから寄付できる「ポイント寄付」で気軽に寄付が可能です。

Yahoo!ネット募金(Tポイント)

EC ナビ「スマイルプロジェクト」

引越で寄付

ハート引越しセンター

引越の売上の一部をCivic Forceに寄付するかつてない仕組み「寄付付き引越サービス」です。

ハート引越センター

募金箱

ハート引越しセンター

お店のレジ横、受付、イベント会場など、小さなスペースにも設置可能な募金箱です。募金として集められた寄付金は、Civic Forceの災害支援活動として大切に活用いたします。 Civic Forceでは、募金箱設置にご協力いただける場所(店舗・事業所など)を探しております。募金箱を通じた国内外の災害支援活動へのご参加、ご協力をぜひよろしくお願い致します。

お申し込み・お問い合わせは、事務局(E-mail:pr#civic-force.org

  • アドレスの#を@に変えてご送信ください)までお問い合わせ下さい。その際、団体名(あれば)、窓口ご担当者名、連絡先(住所、電話、電子メールアドレス)と設置場所をお知らせください。
  • 2021年現在、募金箱在庫切れのため貸出を中止しております。大変恐縮ですが、代替の箱等でのご対応をお願いいたします。ロゴデータ等ご希望の方は上記事務局アドレスまでご連絡ください。

Civic Forceを寄付先にする寄付付き商品やサービスなどの企画をお考えの企業・団体の
皆様は事務局(E-mail:info#civic-force.org ※アドレスの#を@に変えてご送信ください)まで下記の項目をお知らせください。

1) 商品またはサービスの概要

2) 販売価格とそのうちの寄付金額(もしくは割合)

3) 販売期間と寄付送付予定期日

寄付金の税制優遇について

当団体は特定公益増進法人に該当するため、寄付者は寄付金控除を受けることができます。

寄附金控除について

当団体は平成21年12月25日に公益認定委員会より公益認定を受け、 公益社団法人Civic Forceとなりました。 公益社団法人は特定公益増進法人に該当するため寄付者は 寄付金控除を受けることができます。 また、平成23年7月15日に新たに内閣府より税額控除の認証を受け、個人の方は「所得控除制度」「税額控除制度」のいずれかを選択し確定申告を行うことができます。寄付控除、及び法人税の優遇を受けるためには、当団体から発行される寄付金領収証が必要です。(税額控除制度を適用する場合は、領収書に加え税額控除に係る証明が必要)。

税額控除に係る証明(写)は こちらを印刷して領収書と共に提出してください。
(領収証記載の領収日が有効期間内に収まる方の証明書を提出してください。)

個人によるご寄付

「所得税控除制度」、「税額控除制度」のいずれかを選択することができます。詳細に関しては国税庁のHPをご参照ください。

公益社団法人等に寄附をしたとき(国税庁)

  • 所得控除制度

    寄付金控除額=(寄付金額または所得金額の40%のいずれか少ない金額)-(2,000円)

    上記、寄付金控除額へ所得税率をかけ算出された金額が確定申告で還付されます。

  • 税額控除制度

    控除対象額={(寄付金額または所得金額の40%のいずれか少ない金額)-(2,000円)}×40%

    上記の算式により算出された額が、所得税額から控除されます。

法人によるご寄付

一般の寄付金とは別枠として、損金算入限度額に相当する金額まで損金に算入することができます。詳細に関しては国税庁のHPをご参照ください。

特定公益増進法人に対する寄附金(国税庁)

一般の寄付金の損金算入限度額={(資本等の金額×当期の月数/12×2.5/1000)+(所得の金額×2.5/100)}×1/4

公益増進法人への寄付の場合、上記限度額とは別枠で更に下記の限度額まで算入が可能となります。

損金算入限度額={(資本等の金額×当期の月数/12×3.75/1000)+(所得の金額×6.25/100)}×1/2

  • 資本等の金額とは、資本の金額と資本積立金額の合計額です。詳細に関しては国税庁のHPをご参照ください。

住民税

住民税における寄付金控除は、各都道府県および市町村の条例で指定されている場合のみ適用されますので、 お住まいの都道府県および市町村にお問い合わせください。

相続税

相続人が公益増進法人へ寄付された場合、寄付をされた財産は相続税の課税対象から外すことができます。
(但し、相続税の申告期限までにご寄付をされた場合)