最新情報

東日本大震災 活動報告

償還資金を活用して「循環型助成」が実現(共益投資基金JAPAN)

甚大な被害をもたらした東日本大震災からもうすぐ10年が経ちます。

今から9年前の2011年11月、Civic Force(シビックフォース)への寄付金を原資に立ち上がった(一財)共益投資基金JAPAN(前・東北共益投資基金)では、被災した地域の経済復興を支えるため、復旧・復興を超えた新しい経済モデルの創生を目指して「共益投資」の概念を生み出し、これまでに東北で13案件、熊本で3件の支援を展開してきました。一部、償還も実現し、引き続き支援先のバリューアップのお手伝いをしています。2020年度の取り組みの概要を以下にまとめました。

○既存東北 13 案件および、熊本 3 件の支援実行とバリューアップ継続

○社会的投資管理指標(KPI)を共有しての管理継続

○既存支援先からの一部償還実行(4 件、合計 210 万円)

〇償還資金を活用しての資金循環型助成の実行(1 件)

詳しくはこちら(Kyoeki_Report_2020.pdf)をご覧ください。

2c81fc3117374917fa2fb15a63fe53fe-1634198033.png
  • 東日本大震災支援活動にご寄付をお願いします

    銀行・ゆうちょ銀行から寄付
    • 三井住友銀行  青山支店 普通 6973031
    • ゆうちょ銀行 00140-6-361805 (通信欄に「東日本大震災」と明記ください)
      口座名義は上記いずれも公益社団法人Civic Force シャ)シビックフォース

      ※指定寄付のうち、15%を上限に運営費として活用し、残り金額はすべて事業費にあてさせていただきます。

一覧に戻る

 

最新記事

  • お知らせ

    【募集中】オンライン勉強会「いま、NPOに求められる役割とは? 」

  • 最新情報

    【令和4年8月大雨】断水続く新潟県村上市の支援団体へ電動運搬車を無償貸与

  • 緊急即応体制を創る

    【メディア掲載】佐賀新聞

  • 緊急即応体制を創る

    8/7 佐賀県大町町の避難所体験会に参加